コラム

仕出し弁当とよく似たサービスは?それぞれの違いを徹底比較!

自宅やイベント会場でご飯を食べる際に選択肢の1つとなるのが仕出し弁当です。しかし、料理を調理して届けてもらえるサービスといえば、宅配弁当やケータリング、オードブル、デリバリーなどもあり、それぞれの違いがわかりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、サービスの違いについて詳しくご紹介します。

 

仕出し弁当とその他のサービスの違いについて

ここでは、仕出し弁当とよく似たそのほかの宅配サービスについて、それぞれの違いや特徴をご紹介します。

 

仕出し弁当とは

仕出し弁当は、予約注文にもとづいて調理したものを届けるというサービスです。基本的には、冠婚葬祭などの人が集まる場所でよく利用されてきました。料理を入れた容器は、回収される場合と、そのまま使い捨てのものを使用する場合があります。料理の内容としては、昔から一般的である和食中心のメニューやお寿司などがよく選ばれています。

 

宅配弁当とは

宅配弁当は、仕出し弁当と同じように調理されたお弁当を配達して届けるサービスです。仕出し弁当が比較的大人数の規模での注文が多いのに比べ、宅配弁当は個人や少人数での注文も多い傾向にあります。

お弁当の内容としては、和食はもちろん、中華やカレーライス、うどんやそばなどがあります。また、法人向けの毎日違うメニューのお弁当を配達する宅配弁当サービスも、人気を集めています。

 

ケータリングとは

ケータリングとは、飲食店に依頼をし、その場で食事ができるような状態に準備してもらうことです。あらかじめお店で調理したものを運び込む場合もあれば、材料のみを持ち込みその場で調理する場合もあります。

仕出し弁当は、配達するまでがサービスですが、ケータリングは配膳や片付けなどもサービスに含まれているのが特徴です。とくに、大きな式典やパーティーなどの集まりで利用されることが多い傾向にあります。

 

オードブルとは

オードブルは、使い捨ての容器に数種類の料理が盛り付けられたものを指します。オードブルにはフランス語で前菜という意味がありますが、日本では複数人で食べるための料理という認識がされています。店舗で注文・購入したものを持ち帰ったり、指定の場所までの配達をお願いしたりできます。

パーティーやお花見、運動会などの行事ごとで活用されており、料理の内容も揚げ物のオードブルや子ども向けオードブル、中華オードブルなどさまざまです。

 

デリバリーとは

デリバリーは、宅配という意味の英語です。配達サービス全般を指しますが、とくにピザなどの洋食の配達を指すことが多く,

基本的にお店の営業時間以外は受け付けてもらえません。

 

仕出し弁当の魅力は?

仕出し弁当の魅力といえば、やはりその便利さにあります。自宅や会場まで、お弁当を配達してもらえるため、引き取りにいく必要がありません。とくに、イベントや行事ごとでは、主催者にとって食事の手配というのは大きな負担にもなります。また、ケータリングに比べると費用も安く済むことが多いというのも魅力といえるでしょう.

 

お店選びの際に確認しておきたいこと

仕出し弁当のお店を選ぶ際には、まず配達エリアを確認しましょう。イベントや行事ごとなど自宅以外の場所への配達を依頼したい場合には、そこから近い場所にあるお店を選んでおくと安心です。

基本的に、HPやチラシなどに写真付きのお弁当例が掲載されているため、それらを参考にしながら、好みのものがあるかどうかをチェックしてみてください。また、仕出し弁当の注文の場合には、最低10個からなど制限がもうけられている可能性もあります。事前によく確認をしておきましょう。

 

注文の際に確認しておきたいこと

実際に注文するときには、キャンセルの規定についてしっかりと尋ねるようにしてください。とくに、参加者が多い集まりの時には、人数がギリギリまで定まらないという場合も少なくありません。個数変更にいつまで対応してもらえるのかなど、細かく確認しておくとよいでしょう。

 

まとめ

今回は、仕出し弁当とそのほかのサービスについての違いについて詳しく解説しました。仕出し弁当は、古くから日本で活用されてきたお弁当のサービスです。シチュエーションにぴったり合うサービスを利用して、美味しい食事を楽しみましょう。

「ジャパんサービス」では、日立市内を中心に、仕出し弁当やオードブル、宅配弁当の配達サービスを行っております。法人向けの宅配弁当や、来賓向けのお弁当、旬の食材をふんだんに使用した日替わり弁当など、シチュエーションにあったお弁当をご用意sしております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

会食やパーティーにオードブルの利用をおすすめする理由とは?詳しく解説

会食やパーティーを行う時、どんな料理を準備すればよいか困ってしまうこともあるでしょう。いろいろな年代の人がいたり、参加者の食べ物の好みもわからなかったり、どんな料理を用意するか気を遣ってしまう場合もあります。

そんな時におすすめしたいのが、オードブルです。オードブルは1つのお皿に様々な料理が乗った盛り合わせ料理です。本記事では、オードブルを頼むメリットや利用をおすすめするシーンなどを紹介します。

 

オードブルとは?

そもそもオードブルとはどういう料理でしょうか。元々「オードブル」はフランス語で「前菜」という意味です。ヨーロッパで「オードブル」と言えば前菜を指しますが、日本ではパーティーの場で出される「盛り合わせ料理」を指します。

 

ケータリングやデリバリー、宅配弁当との違い

オードブルと似たサービスに、ケータリングやデリバリー、宅配弁当があります。これらはオードブルとどう違うのでしょうか。

オードブルは「お店で調理された料理を、使い捨て容器に盛り付けて届けられたもの」です。ケータリングも料理を届けてくれるサービスですが、それだけではありません。スタッフが会場まで来てテーブルをセットしたり、配膳を行ったり、会場の設営や後片付けまで行ってくれるのがケータリングです。オードブルの場合は、会場設営や配膳を自分たちでやらなければなりません。

デリバリーはピザが代表的な例ですが、「お店で調理したものを、お店で食べる時と同じ温度状態のまま届ける料理」です。オードブルは調理してから一定時間が過ぎた料理が届くことが多くなっています。

では、オードブルと宅配弁当はどうでしょう。いずれも料理を届けるサービスであることは共通しています。オードブルが「1つのお皿に盛り合わせた料理を複数人でいただくもの」に対し、宅配弁当は「1人分のお弁当が人数分届けられるもの」です。

 

オードブルを頼むメリット

ケータリングやデリバリー、宅配弁当など、料理を宅配するというサービスが色々ある中で、オードブルを頼むメリットを紹介します。

 

参加者が食べたいものだけを食べられる

オードブルの最大のメリットは、出てくる料理の中から「参加者が食べたいものだけを食べられる」ということです。

オードブルは多くの料理が1つのお皿に乗って届けられますので、参加者が苦手なものがあれば手をつけなければ良いだけです。そのため、参加者の好みを事前に確認して気を遣う必要もありません。また大食いの人もいれば小食の人もいますが、オードブルであれば、参加者が自分の好きな量を食べることができます。

宅配弁当の場合、1人に1つのお弁当が届くため、苦手な食べ物があったり、人によっては量が多すぎる・少なすぎるということがあったりします。オードブルはそのような心配をする必要がなく、気楽に頼みやすいサービスと言えるでしょう。

 

限られた予算で安く食べられる

大人数の会食の時は、予算も気になるところです。オードブルは限られた予算内で安く食事ができます。たとえばケータリングは、「準備や後片付けもスタッフが行ってくれる」ところが魅力的ですが、そのためのサービス料がかかってしまいます。オードブルは自分たちでテーブル設置や後片付けをしなければなりませんが、その分費用を安く抑えることが可能です。

また、オードブルはパーティーや会食を意識したサービスであるため、彩りが工夫されていたり、万人受けしやすいメニューが考えられていたりします。よくあるメニューの例としては、唐揚げ、枝豆、エビフライ、焼きそばなどです。これらのメニューをそれぞれ買ったり、作ったりして用意するのはコストもかかってしまいます。オードブルであれば、多くの人が好むメニューが1皿に盛られているので、予算が抑えやすいのです。

 

オードブルはどんな時に利用する?

では具体的に、オードブルはどんな時に利用するのがいいのでしょうか。

オードブルがよく利用されるのは、「懇親会」の場面です。たとえば会社のイベントであれば、新年会や忘年会、歓迎会、送別会、内定者懇親会、株主総会などでオードブルを利用することがおすすめです。

会社のイベントでは、初めての人と顔を合わせる場面も多くなっています。緊張する人もいるような場面で料理があると場が打ち解けやすく、リラックスした雰囲気になります。

また、「会議を社内で行って懇親会を居酒屋で行う」という場合、仕事の都合で参加しづらくなる人もいます。社内で部屋を借りてオードブルを注文すると、会議後の移動時間が少なく済みますし、「残業の合間にちょっとだけ顔を出したい」という人も参加しやすい会になります。

 

学校イベントでも活用できる

オードブルは、会社だけでなく学校イベントでも活用いただけます。たとえば卒業式や謝恩会、PTAの集まりなどです。幼稚園の集まりでは小さな子どもから大人までイベントに参加することになります。

大人だけの集まりであれば居酒屋でもいいかもしれませんが、子どもがいるイベントではそういうわけにはいきません。オードブルであれば、子どもも大人もみんなが満足できるメニューを準備しやすいので利用してみるとよいでしょう。

 

まとめ

オードブルを頼むメリットや利用おすすめするシーンを紹介しました。オードブルは非常に使い勝手がよく、限られた予算の中でも満足できることが多いため会食やパーティーにおすすめです。

「ジャパんサービス」では、さまざまなオードブルをご用意しています。パーティーや職場のイベントの際には、ぜひ「ジャパんサービス」をご利用ください。